通院中の方の予約はこちら

無料カウンセリング予約

0294-36-2010


【診療時間】11:00~13:00/14:30~18:30 (土日は 9:00~12:00/13:00~17:00)【休診】木・祝・第1〜3水曜・第4日曜

このようなお悩み、ございませんか?

    反対咬合、うけ口(下の前歯が上の前歯より前に出ているかみあわせ)

    反対咬合

    反対咬合の中には歯だけに問題がある場合と顎の骨に問題がある場合があります。

    前歯の永久歯が萌えても逆に噛んでいる場合、放っておくとますます悪くなる可能性があります。


     

    上顎前突、出っ歯(上の前歯が出ているかみあわせ)

    上顎前突、出っ歯

    上顎と前歯が前に出ている上顎前突と、下顎が後方に下がっている上顎前突があります。

    成長を利用した矯正によるアプローチをすることで、将来的に歯を抜かない矯正治療が出来る場合があります。症状により異なりますが、早めにご相談ください。


     

    正中離開、すきっ歯(前歯の隙間が開いている)

    正中離開、すきっ歯

    前歯の真ん中に隙間が出てくることがあります。隣の歯がでることにより隙間が閉じる場 合もありますが、閉じなかったり、歯がねじれている場合はご相談ください。


     

    開咬(上下の前歯が噛んでいないかみあわせ)

    開咬

    原因としては、指しゃぶりや舌を前に突き出すような癖が考えられます。指しゃぶりや舌 の癖がやめられない場合は矯正装置による治療が必要です。


     

    交叉咬合(上と下の奥歯のかみあわせがずれている)

    交叉咬合

    交叉咬合を放っておくと成長発育の方向に左右差がでて、顔が非対称になる可能性もあります。


     

    叢生、乱杭歯(歯が重なり合ってデコボコしている)

    叢生、乱杭歯

    歯がでこぼこに生えたり、重なったりしているため、歯を磨きにくく、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで発展すると、若くても歯を失う可能性があります。


TOP